夏バテってそもそもなんでなるの?

毎年、梅雨前後からじわじわと暑くなり地域によっては猛暑日が連日続く…なんてことがニュースでも取り上げられます。

そういった毎日暑さから、ふっと気が付いたときには身体がだるく、もしかして夏バテに?

といつの間に気が付いたらなってしまうこともありますよね。

そもそも夏バテの原因はエアコンの効いた部屋から猛暑の屋外への移動などの急激な体感温度の差で体力を消耗し、更に冷房の効きすぎた部屋に長時間いるとストレスから自立神経が働きにくくなり、胃腸の不調や倦怠感を招きます。

それにより食欲不振に陥り夏バテになってしまいます。

また高温多湿の時期も暑さにより汗腺が縮まってしまい発汗が困難になり、体温調節がうまくいかなかったり、高温の場所に居続けると発汗過剰となり夏バテ、または脱水症状を引き起こしてしまいます。

暑すぎても寒すぎても調子が崩れてしまいますので、少しづつでも生活もしくは職場環境を改善していくのが良いと思います。

実は睡眠不足も、立派な夏バテの原因の一つです。

昨今、夏場はなかなか夜になっても気温が下がらず寝苦しい夜が続きます。

冷房をつけっぱなしに、となると電気代やクーラー病にもかかってしまうし、かといって付けないと寝付く事も難しい…。

そういった睡眠の不充分から日中の疲れが回復できずに疲れが溜まってしまうと、ちょっとしたはずみ夏バテにかかってしまいます。

夏バテにかかってしまうと、どうにも身体がうまく動かない、食欲がなく力が出ない…などと夏場を乗り切るのが大変つらいものになってきてしまいますよね。

そんな時私は、夏バテに関する情報が色々と調べられるサイトを見て、予防や対策、改善法などを学んで少しでも快適に過ごせるように努めています。

かからないことが一番ですが、夏場の暑さではどうしても体調を崩してしまいかねません。

こちらのサイトで前もって知識として覚えておいて、少しでも快適に過ごせるように勉強してみませんか?

夏バテの症状色々