夏バテ改善で夏を乗り切ろう

夏バテの改善というと、やはり食欲不振から改善していくのが良いのではないでしょうか。

食事をして体力を回復させ、満腹感からの睡眠、そして睡眠による更に体力の回復…と全てにおいて通ずるものがあります。

しかし夏バテになってしまっている中で行き成り栄養の高いものは…という場合はあっさりと食べられるものに、ちょっと一つ足してみるのが良いと思います。

のど越しの良いうどんに梅肉と納豆、彩にきゅうりを添えてぶっかけうどん。

梅干しはクエン酸の効果で食欲を増進させ、夏バテ解消予防に効く大豆製品を食べることで少しづつでも不振解消に繋がります。

カレーも炭水化物やビタミン・タンパク質等が摂取優秀な料理です。

具材も自分の好みに変えられますし、小さいお子さんも大好きなメニューも一つですよね。

カレーに入れる野菜は夏野菜、お肉は豚肉を選ぶと更にビタミンとミネラルも豊富にとれ、カレーのスパイスは食欲を刺激するので夏バテになったら是非カレーを作ってみてはいかがでしょうか。

夏バテによる体力の低下、食事改善も大切ですが質の良い眠りも体力回復にはかかせません。

でもどうしても寝付けなかったりすることはありますよね。

寝付けず、汗をかいてしまうと布団の中の湿度が上がり蒸し暑さが増してしまいます。

そういう時には、様々な冷却グッズを有効活用しましょう。

ひんやりシートをシーツの上に敷いたり、通気性の良いパジャマを着る。

寝つきを良くするために湯船への入浴や半身浴も効果的です。

ただ、入浴後のほかほかした身体をエアコンや扇風機の風を直接受けてしまうと折角の流れを良くした血の巡りも鈍ってしまい、汗が引いてしまい逆効果になってしまいます。

特に太い血管が通る手首、足首、首と、三つの首をタオルやサポーターで保護しておくと体温の低下をだいぶ抑えられます。

ほかにも冷却枕等を使って出来るだけ冷房に長時間当たらないようにして、睡眠をとってみましょう。

夏バテになってしまっても、早期の改善再発の予防をして楽しく夏を過ごしたいですね。