夏バテの特徴ってどういうの?

夏バテ、というと身体がだるい、食欲がない…といった例はありますが、他にもこんな症状もあります。

イライラする、熱っぽい、立ちくらみやめまい、むくみなども夏バテの中に含まれる場合があります。

胃腸の弱い人や自立神経の調整がうまく取れていない方などは症状も重く出てしまい、胃腸の重い不快感、下痢や便秘などといった様々な症状に見舞われてしまいます。

夏バテは自立神経の乱れ、水分不足、胃腸の働きの悪化からかかるものが多く、またどれか一つが悪くなってしまうと連鎖して他の症状も起こしてしまうことがあります。

すべてをしっかりと、不調を出すことをしないで真夏を乗り切る、というのは難しいですがもしも先に挙げた症状になってしまった場合、もしかして夏バテかも?

と疑い改善を取り組んでいけば不調も長続きせず、早く解消できるかもしれませんね。

今年も暑い日が続くと思うと気が滅入ってしまいますが、負けずに元気に乗り切りましょう!

暑さのせいで夏バテ…それから響く食欲不振。

そのメカニズムは、気温が高くなると体の中の温度も上がっていき、胃腸への血流が悪くなってしまいます。

そして汗をかくと体内から塩分が減っていき、胃酸が少なくなります。

そうした状態で、冷たい飲み物や食べ物を摂取すると胃を壊したり、下痢などの症状が出てしまいます。

これが、食欲不振のメカニズムです。

また、自律神経の不調が加わってしまうと胃の働きがさらに低下します。

そうなると体力は減少し、疲れも抜けにくい体になってしまい、そこからずぶずぶと不調の連鎖が発生してしまいます。

夏の暑さで、冷たい飲み物、ビールなども最高に美味しいものにはなりますが、夏バテ気味かな…と思ったり夏バテにかかりやすいという方は冷たいものの摂りすぎには十分に気を付けましょう。

とは言え、水分補給を怠ると脱水症状に陥りますので飲む事自体を控えるのではなくて、水分補給には冷た過ぎない常温のものをおすすめしますっ。